呼吸の数

肺の機能と肺の中のその容積を測ると呼吸数が多くなってしまう原因がわかる
機能的残機量が多い
息を吐いたときに肺の中に残っている
肺の中には常にある程度の空気が残っている
健康 40から60%の残機能がああって、そのおかげで肺がつぶれず呼吸することができる
呼吸筋 呼吸をするための筋肉が硬くなる
呼吸筋がちぢんだり広がったりする動きをしている
歳を追うごとに動きが鈍くなって、肺を大きく動かすことができずに慚愧量が多くなってしまう
常に悪い姿勢をとっている人や運動不足の人は歳は関係なく残機量が多くなる傾向にある。
最大に吸ったり吐いたりすると6センチでも、猫背のときは2.5センチしか肺を動かしていないことがわかる
残機量が多くなると息苦しくなったり、寝不足や気分が落ち込みぎみになる。
普段から運動をしていて残機量が平均だった人でも、ストレスや息切れをする場合がある。